南大阪の分譲・売買・テナント・貸店舗・投資収益物件

K-HEARTS 不動産ナビ 南大阪版

 様|会員情報変更
一般公開物件:2120件 会員専用物件:1869件
トップに戻る

任意売却について

任意売却とは?

住宅ローンを借りている場合には、抵当権の設定登記がされています。売却をする時は、この抵当権の解除をしてもらわないと売却ができません。
住宅ローンの残高より高い金額で売却ができれば問題ないのですが、残高よりも安い金額でしか売却が出来ない場合は、抵当権の解除ができない事になります。
そのような場合、金融機関(債権者)は、不動産を現金化するために法律に基づく手続きに従って強制的に現金化します。これが「競売」と言われるものです。
それに対して、ご自分の意志で、価格や引渡しのスケジュールなど、ご希望の条件にて売却を行う方法を「任意売却」と言います。

住宅ローンを滞納している。今後、返済出来る見込みが無い。
職を失って以前のような収入が見込めない。
病気療養のため、休職せざるを得ない。
競売・差押になりかかっている。

このような状況では、競売になってしまうかも知れません。
任意売却では、競売より多く資金回収ができるメリットがあります。
「任意売却」は、あなたの様々な事情を考慮し、少しでも希望に添えるための手段を実現する可能性がある売却方法です。
よって、任意売却は、競売よりも有利な販売方法と言えるのです。
任意売却の流れ

任意売却の流れ

1.ご相談

まずは弊社にご相談いただき、ご希望・ご要望をお伺いしながら計画を立て、その計画実現のために方法をご提案致します。

2.現状の調査

現状の債務関係の調査、分析を行います。

3.不動産価格調査

販売価格を調査して、販売可能な価格を選定します。

4.媒介契約

任意売却に関する、媒介契約を交わしていただきます。

5.債権者との交渉

債権者・金融機関との交渉し、債権抹消の内諾を取ります。

6.販売活動の開始

販売価格が決まりましたら、購入希望者を探します。
また、早期決着をご希望の場合には弊社での買取も検討致します。

7.債権者の同意

債権者に対して、抵当権の解除と差し押さえの取り消しの交渉をします。

8.売買契約の締結

購入希望者に、その購入希望条件をもって再度債権者に対して売り渡しの交渉をいたします。
同意が得られたら売買契約を締結致します。

任意売却のメリット

任意売却には競売とは違い、以下の大きなメリットがあります。


費用負担が掛からない

仲介手数料や様々な費用は、任意売却による売買代金から精算されます。売主様の費用負担はありません。

周りやご近所に知られずに内密に売却できる

物件の所有者が合意の上で売却するので、販売方法は一般的な手順・方法を取ります。広告の範囲や手法などは売主様と話し合いのうえで進めますので、競売対象となっている事実について知られずに売却を行う事が可能です。
プライバシーについても外部に漏れることはありません。

競売よりも債務を多く減らすことができます

任意売却は、市場価格に近い価格での売却を目指せます。
競売に比べて一般的に高額で売却することが可能なので債務が多く減り、その後の生活に活かす事が出来ます。

残債務の返済に対して柔軟な対応が可能です

債権者への返済計画の交渉も仲介者が代わって行いますので、債権者が複数いる場合でも心配はありません。

話し合いにより、引越し費用その他を手当てしてもらう事も可能です

債権者との交渉を行い、引越し費用などの確保も可能です。

話し合いで納得して売却できる為、精神的な負担を減らせます

競売のように法的手続による強制的な物件処分によって「取られる」ものではないため、債務者への精神的ダメージも小さく、納得して売却出来ます。

任意売却の費用

不動産を売却する時には何種類かの項目の費用がかかり、売主様が負担します。代表的なものは不動産の売買仲介手数料、登記費用ですが、その他に測量費用、解体費用などが必要な場合もあります。

任意売却では、これらの費用を負担するために、売主様が現金をご準備いただく必要はありません。
その支払いのための現金は、不動産を購入される方が債権者にお支払いになる売買代金の中から支払われます。

任意売却の料金はおよび費用は、販売に出した不動産が売却された場合のみに仲介手数料として発生いたします。
仲介手数料は、物件の売買価格(400万円以上の場合) X 3% + 6万円 + 消費税 となっておりますが、この代金は、債権者・抵当権者側より弊社に支払われます。

ケイハーツ メンバーズ募集

webで簡単スピード査定

お問い合わせ・ご相談